はくまい邸の備忘録+

一条工務店で約30坪の家を建築中。その記録を残す為のブログです。

一条工務店




こんにちは さやっちです(* ̄∇ ̄*)

今回は契約となった一条工務店さんについて書こうと思います。

一条工務店さんとの出会いは「ろうきん住宅情報フェスティバル」でした。

でもその時の印象は全く残っていません。

受付のコンシェルジュさんが選んでくれた内の1社のはずなんですが・・・

福工房さんといい勝負な塩対応でした。

なのでこの時にはまだ心には響いてません。

後日に行った「ろうきん住んぷ会スタンプラリー」が、私達に衝撃を与えましたw

それはもうグラッグラになるほどの大ダメージ(´・ω・`)

フェスティバルでもらった袋の中に入ってた1枚のチラシ。

実際に建てた新築の家が見れるイベントで、3棟巡ってスタンプを集めれば金券プレゼント!

そんなイベントです。

普段は行かないレストランの金券だったけど、家を見たかったので行きました。

即旦那と会議を始めました。

行くホームメーカーを絞らなくてはなりません。

とりあえず大和さんは外しました。

後日イベントに行くことになってますからね。

考えた結果

片瀬建設さん:イベントでお話沢山したけど、家がどうなのかはさっぱりだったので選択。

静鉄ホームズさん:zehの家で気になったので選択。

一条工務店さん:省エネ大賞受賞という文句が気になって選択。

省エネ大賞受賞がどうも旦那的に気になったみたいです。

「省エネ大賞受賞の家がどんなもんか見てやろうじゃん!」

と言っておりました。

なんでそんな偉そうなん・・・

1軒目は片瀬さんを見たんですけど、至って普通だったので割りとさっくりでした。

それでもそれなりに時間かかりました。

2軒目に一条さんの家に行きました。

イベント時間は夕方17時頃まで。

確かこの時すでに時間が15時頃だった気がします。

家を出た時間が昼頃(´・ω・`)

家見るだけでそんな時間かかると思わんやん?

どんなもんか見たら終わりって思うやん?

がっつり話するとは思わんやん・・・

一条さんの家に着いた時間は、一番暑い時間。

片瀬さんの家はじっとり暑く旦那も営業さんも汗だくw

汗がポタポタしてるのが気になって気になって・・・(;´∀`)

お施主さんに申し訳ない!

その印象が残ってたのが相乗効果に!

一条さんで見学した家は宿泊体験棟。

なので遠慮なく電気が使えるんですねー。

「暑いですね~ どうぞどうぞ入って下さい~ 涼しいですよ~」

「でもエアコンは入ってないんですよ」

夫婦どちらも ハイ?(゜.゜)状態w

またまたー こんなに暑いのにエアコンなしで涼しいなんてあるわけないじゃんw

と半信半疑w

玄関のドアを開けて入った瞬間 ヒンヤリ・・・

す・・・涼しい!!!

エアコンが入ってないなんて信じられませんでした。

営業さんは嬉しそうw

トイレもお風呂もどこも涼しい!

各部屋の天井にはサーキュレーター付き!

でもさすがにちょっと動くとじっとり汗ばんできます。

そんなくらいの部屋の温度♪

私にはちょうどいい(*´ω`*)

旦那もカラッとした室内がお気に召した模様。

詳しく話を営業さんから聞きました。

この家には全館床冷暖房『さらぽか』が入っている事を聞いてびっくり。

1階にも2階にも床暖房が入ってることすら聞いたことないのに、冷房って何?って感じでした。

それでいて電気代も安く、太陽光パネルがついてるのでさらに安くなると・・・

売電も出来るので電気代は実質ただ むしろプラスな状態。

うわぁ すごい!

ここで私達はC値やQ値 高気密 高断熱などの言葉を知りました。

数字や実験結果などの資料をズラズラっと並べて説明・・・

旦那は完全に理数系の理論派人間ですから、それが響かない訳がありません。

私は冷房の冷えすぎるあの風が嫌い・・・

逆に旦那は暑がり(´・ω・`)

エアコンのリモコン争奪戦!!!はしませんが、私が厚着をして耐えてる状況です。

冬も私が厚着をして寒いと言いながら耐えてる状況。

それから解放されるかもしれないお家!

なんて素敵なのぉぉぉ!

そう 私達夫婦はがしっと心を鷲掴みにされてしまいました。

そして時間は17時前・・・( ̄▽ ̄;)

3軒回れませんでしたw

営業さんは心配してましたが、明日行くので大丈夫と伝えお話続行。

ちょうど歩いてすぐの所に床暖房だけの一条分譲住宅があるそうで、そちらも見せて頂きました。

1階はついさっきまでエアコンがついてたそうで涼しかったのですが、2階はちょっと暑かったです。

営業さんもすごく一条大好きオーラが伝わってきて、一生懸命お話してくれて好印象。

いい営業さんと出会えたと思っていたのですが、実は違ったんです。

そう フェスティバル!

そこで一度接触してるんです。

その方が私達の担当営業さんになるんだと言われました。

えぇぇぇ( ;∀;)なんの説明も無く名刺すら渡そうとしなかったあの子が担当・・・

きっと私達の顔には嫌だと書いてあったんでしょうw

その営業は後日電話があったか、もしくはポストに伺った形跡はあったか聞かれました。

どちらもありません。

確かに他のホームメーカーはハガキなど送ってきてました。

福工房さんと一条さんは無かったように感じます。

福工房さんはまずは家を見て欲しいからモデルハウスにきて欲しい そんなスタンスだった気がします。

そういうのすら無かったと思います。

イベントで接触したお施主さんには、1週間だかそこらでお伺いをしなきゃならないそうで・・・

そりゃ そうよね だってそのイベントはア○パンマンショー目的がわんさかですもん。

さらにコンシェルジュに選んでもらった3社のブースに行くと、帰りにサーティワンアイスの金券ですから。

本当に建てる気があるかどうかを見極めなきゃなりませんもんね。

お伺いしないと自分のお客さんとして扱えない可能性があるそう。

そもそも私達が拒絶反応見せてますしねぇ。

イベントの営業さんは、行った だけどいなかった だそうです。

来たなら証拠残しておかないと無効だと思うよw

営業の世界の厳しさを垣間見た瞬間でした。

世知辛いのぅ・・・

晴れて?営業さんチェンジしていただけました。

営業さんが変わるのはハウスメーカー業では珍しいそうです。

あの方がガンガン営業にきてたら、もしかしたら一条さんで建ててなかったかもしれませんね。

そしてその日 家に帰ったのは20時とか21時だったと思いますw

でもお話しててすごく楽しかった!

今度はその営業さんがいるモデルハウスに行くことになります。